バウムクーヘン専門店 cafe maaru powered by BASE

バウムクーヘンの原料で一番多く使用するのが鶏卵です!淡路島の北坂養鶏場から取り寄せた新鮮な鶏卵をたっぷりと使用!また、新鮮な淡路島牛乳や淡路島の優良な米粉も使用しているためしっとりした食感になります。オーブンは、コンピューター制御ではなく、気温・湿度で変化する生地ですので焼き加減を調整し、一層一層丹精込めて焼き上げております。原料と焼き加減の調整により、ふんわりしっとり、きめ細やで口どけがよく口に入れると素材本来の美味しさが広まります。      【淡路島ばぁむの特徴】◎こだわり素材その1.淡路島鶏卵淡路島ばぁむの原料で一番多く使用するのが鶏卵です!地元淡路島の北坂養鶏場から取り寄せた新鮮な純国産鶏卵のさくら卵ともみじ卵をバランスよく使用しています。日本に6%しかいない純国産鶏の貴重な鶏卵をたっぷりと使用しているからこそ、しっとりふんわりとした食感のバウムクーヘンになります。◎こだわり素材その2.淡路島牛乳牛乳は鮮度の良いものほど旨みとコクが増し美味しくなります。淡路島牛乳は工場と酪農家が近隣に集中しているため、搾乳から製造まで最短での処理が可能であり、鮮度を最高の状態で提供しています。そんな新鮮な牛乳を使用しているため口どけがよいふんわりした食感になります。◎こだわり素材その3.淡路島うるち米粉淡路島の優良なうるち米100%の米粉を使用しています。コメの風合いを生かしデンプン損傷を抑えるための「浸水処理」と「特殊製法」により小麦の吸水率と同じ70%程度となるように調整するこだわりで小麦と米粉がムラなく混ぜあい、やわらかくてふんわりした生地に仕上げています。◎こだわりの焼き方淡路島ばぁむは、コンピュータ制御ではなく職人が毎日1本1本手造りで焼き上げています。気温や湿度で変化するバウムクーヘンの記事は、焼成温度や焼き時間を目と感覚で細かく調整し、職人はまるでバウムクーヘンと会話をするかのように一層一層丹精込めて焼き上げております。【メディア】◍朝の情報番組(おはよう朝日です!土曜日です!)で紹介されました。◍ニッポン全国物産展 おやつランキング! 兵庫県代表に選ばれました。                                           Instagram ↓

バウムクーヘン専門店 cafe maaru powered by BASE


Instagram

Twitter

BLOGS